PixivRSSのログを解析してみた

ちょっと気になったこともあったので、PixivRSSのログを見てみた。

解析内容

・ユーザーエージェント(何を使って見ているか)
・タグ検索(何を見ているか)

前提

内容ごとにバラバラにデータをとっているため、「誰が」「何を」「何を使って」見ているかという情報はわからない。

解析方法

grep | sed | sort | uniqで重複なしのソート済みテキストを作成して、流し見。

解析対象

2013年6月10日のPixivRSSのログ

ユーザーエージェント

685種類(内、GoogleReaderだけで642種類。GoogleReaderを除けば43種類。)
GoogleReaderは来月止まるから放っとくとして、それ以外にもHatenaやYahoo Pipe,livedoor,tinytinyrssなどWebサービスが多かった。(と言いつつ自分もtinytinyrssユーザー)
デスクトップ用としては、各種ブラウザとWindows-RSS-Platform/2.0があった。どっちかわからないのが「Ruby」。Webサービスなのかデスクトップアプリなのか…
Windows XP+IE6という組み合わせらしきアクセスも。大きなお世話になるが、更新した方がいいぞ…

タグ検索

2桁程度ならどんな割合か出そうかと思ったけど、809種類あるんで諦めた。
パッと見た感じ「○○users入り」が多い。あとはR-18系。

意外と英語も混じってる。かと言って外国人が使ってるとは限らないけど。そのへんはIPアドレスから引いてこないとわからんし。

感想

「これ、どうせ俺か多くても数人だろう」とか考えてログ見てみたら、ユーザーエージェント基準で40人以上。GoogleReaderのfeed-idの基準がよくわからないけど、一人1個なら600人ってところか…バグ修正ミスるとこの人達全員に迷惑がかかるのか…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

これサーバーからダウンロードするのに30分かかったからもうやらない。次やるときはサーバーサイドで欲しいデータ全部作ってからダウンロードすることにする。

以下ログデータ。結構膨大かつ一部R-18データに注意。
続きを読む PixivRSSのログを解析してみた

OpenCVのキャプチャ画像をwxWidgetsのイメージ形式に変換してみた

OpenCVのCvCaptureで取得したIplImage構造体のデータをwxImageに変換する方法を調べたけどあんまり見つからなかったから作ってみた。
続きを読む OpenCVのキャプチャ画像をwxWidgetsのイメージ形式に変換してみた