Raspberry PIにWebカメラをつなげてみた

RasberryPIにWebカメラをつなげてみた。

WebカメラはELECOMのUCAM-C0220FBを買ってきた。
RaspberryPIのUSBポートにつなげて

lsusb

で接続を確認。

sudo apt-get update
sudo apt-get install libopencv-dev

でOpenCVをインストールして以下のコードを用意。

#include <stdio.h>
#include <cv.h>
#include <highgui.h>
#include <stdio.h>

int main(){
	CvCapture *camera = NULL;
	IplImage *image;
	//setup
	camera = cvCreateCameraCapture(0);
	if(camera == NULL){
		printf("camera not found!\n");
		return 1;
	}
	cvSetCaptureProperty(camera, CV_CAP_PROP_FRAME_WIDTH, 1024);
	cvSetCaptureProperty(camera, CV_CAP_PROP_FRAME_HEIGHT, 768);

	//capture
	image = cvQueryFrame(camera);
	cvSaveImage("capture.jpg", image,NULL);

	//release
	cvReleaseCapture(&camera);

	return 0;
}

でMakefile

CC=gcc
CFLAGS=-I/usr/include/opencv
LDFLAGS=
LIBS=`pkg-config --libs opencv` -lm
OBJS=test.o

all: capture

capture: $(OBJS)
	$(CC) $(OBJS) $(LDFLAGS) $(LIBS) -o $@

.c.o:
	$(CC) $(CFLAGS) $< -c -o $@

を書いて

make
./capture

でビルド&実行。

VIDIOC_QUERYMENU: Invalid argument

と出てきたけど

無事にキャプチャできた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください