RaspberryPi 4Bでマイクラサーバーを立ち上げてみた

数日前にRaspberryPI4Bが届いたので、マイクラサーバーを立ち上げてみた。

Ubuntu Serverを入れてapt installでdocker.ioをインストール。
次にDockerfileを書く

FROM alpine:latest

RUN apk --update add openjdk11-jdk && \
    mkdir /app && \
    cd /app && \
    wget https://launcher.mojang.com/v1/objects/e9f105b3c5c7e85c7b445249a93362a22f62442d/server.jar && \
    echo "eula=true" > eula.txt && \
    rm -rf /var/cache/apk/*


EXPOSE 25565

WORKDIR /app
CMD java -Xmx2048M -Xms1024M -jar server.jar nogui

raspberrypi用alpinelinuxベースでopenjdk入れてwgetでマイクラサーバーをダウンロード。
メモリは2GBを割り当てて起動するように設定。

docker build --no-cache=true -t minecraft_server .

でビルド。

sudo docker run -t minecraft_server

で実行。
ルーターのポートマッピングで25565をラズパイに流れるようにして友人に頼んで接続試験。

とりあえず接続には成功したけど、今のままだとサーバーが止まったときにワールドが消えるんで、volumeで外に保存するようにしたり、systemdで自動的に起動するように対応中。

ちなみに、サーバーの状態としては、「たまにラグで巻き戻ったりするけど、割と快調」だった。load averageも1.2/1minくらいだったし、問題はないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください