luabindのメモ

C++のクラスをLuaに公開するのにluabindが便利とのことで投入検討。

Ubuntuのパッケージは要求するboostが古すぎるのかインストール拒否。
しょうがないので、自前で.aファイル作成。

ただその際に、公式ページからリンクされてるluabindはlua5.2に対応してないっぽいので
https://bitbucket.org/jlsandell/luabind/downloadsにある別のバージョンを使用。(Branchesのdefaultってほう)
以下、適当なMakefile.am


noinst_LIBARIES = libluabind.a

lib_LIBRARIES = libluabind.a

libluabind_a_SOURCES = 							\
	lua/luabind/src/class.cpp					\
	lua/luabind/src/exception_handler.cpp		\
	lua/luabind/src/pcall.cpp					\
	lua/luabind/src/class_info.cpp				\
	lua/luabind/src/function.cpp				\
	lua/luabind/src/scope.cpp					\
	lua/luabind/src/class_registry.cpp			\
	lua/luabind/src/inheritance.cpp				\
	lua/luabind/src/stack_content_by_name.cpp	\
	lua/luabind/src/class_rep.cpp				\
	lua/luabind/src/link_compatibility.cpp		\
	lua/luabind/src/weak_ref.cpp				\
	lua/luabind/src/create_class.cpp			\
	lua/luabind/src/object_rep.cpp				\
	lua/luabind/src/wrapper_base.cpp			\
	lua/luabind/src/error.cpp					\
	lua/luabind/src/open.cpp

ゲームに組み込むだけだからnoinstでインストールしないように指定。
あとはlsでリストアップしたcppファイル列挙して終わり。

明日以降組み込んでみるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください