絵チャを作ってみた

WebSocketを使ってお絵描きチャットを作ってみた。
クライアントサイドのcanvasタグ上でのマウスの動きをサーバーに送って、接続済みクライアント全員にばら撒くくらいの簡単なものだけど。

クライアントはhtml5とJavascriptで殆どを実装。
サーバーはPHPとphp-websocketを使って実装。
php-websocketのライセンス文を見るといきなりFuck youとか言われるけど、よくよく読んでみると「PUBLIC LICENCEなんて糞食らえ」っぽいからそのまま採用。

簡単な仕様でクライアント側はhtml5ネイティブのおかげか、Androdid上のfirefoxでも動作。絵は描けないけど、ログ再生とチャットと他人が描いてるのを見てることくらいは可能。

昨日1日でGUI作って今日サーバーと細かい部分を実装。実際に絵を描く友だちに試してもらって意見もらいつつ調整。
深く設計せずに思いつきで作ったのを早速後悔中…この分だと将来的に修正できなくなる…
早速もらった要望を検討すると、今の仕様だと無理っぽいことが判明。さぁてどうするか…
あとサーバーが若干不安定だからそっちも直さないとな。

つうか、JavascriptからWacomの筆圧検知できるのか…レイヤーはcanvasタグを重ねるとしてカラーピッカーは…

「絵チャを作ってみた」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください